ma-vie ログ

ここち良い暮らしを実現するため、断捨離・お掃除・お片付けガンバリます

ダスキンモップを最大限に使いこなす、3段階の使い方とは?

約1年前から、家中のお掃除にダスキン「おそうじベーシック3」という便利なアイテムを使っています。床掃除に便利なロングタイプの「ララ」と、こまごました場所に手軽に使えるハンディタイプの「シュシュ」そして、優れモノの「スタイルクリーナー」。どれもこれも、時短掃除に大助かりのアイテムです。

 

毎日のお掃除にとても便利なダスキンモップ

こまめに掃除機をかけていても、いつの間にか床の所々にホコリが溜まっていたり、棚の上やテレビ、パソコンの画面にもうっすらとホコリがかかってる、なんてことありますよね。

私も、昨日掃除したばかりなのに、がっかり。面倒くさいから見なかったことにしよう~、なんてこともしょっちゅうでした。そんな時、テレビでダスキンモップのCMを観て、ずっと気になっていたのが、この「おそうじベーシック3」なんです。

f:id:ma-vie:20181022234601j:plain

 

ダスキンモップを最大限に使いこなす3段階の使い方

今回はこの便利な2種類のモップを最大限に使いこなす3段階の使い方をご紹介します。

ダスキンモップはレンタルで、4週間に一度、新しい物に交換されます。まず、1段階目は届いてすぐ、キレイな状態のモップ「ララ」で家中の壁を撫でるように拭きます。

ホコリは空気中を漂い、時間をかけて下に落ちてきて床や棚、あらゆるところに体積します。また、落ちてくる途中で静電気によって壁にもくっついてしまうのです。人が動いて空気が動くと壁についたホコリがまた舞い上がり、下に落ちたり再び壁にくっついたりするのです。

たまに壁掃除をすることで出来るだけ下に落ちるホコリを少なくします。ララは軽くて持ちやすいので高い場所でも使いやすいです。

2段階目は、家中のあらゆる場所の普段のお掃除に使います。例えば、3階建ての自宅の2階部分の掃除は、キッチンから始めてリビングを通り、トイレを経由し洗面所で終了。キッチンから洗面所まで、一筆書きのようにホコリとチリごみを絡めとって行きます。最後に登場するのが、優れモノの「スタイルクリーナー」です。これ、本当に優秀です。便利です。

f:id:ma-vie:20181022235026j:plain

 応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

ここまでで絡めとったホコリとチリごみをこのクリーナーが吸い取ってくれるのです。また、モップについたホコリはスタイルクリーナーのホースを使って直接吸い取ります。簡易掃除機のような位置づけです。ホコリのついたモップを次の交換まで家の中に置いておくのはとても抵抗がありますが、このクリーナーがあればいつでもキレイな状態で保管できます。

f:id:ma-vie:20181022235103j:plain

 次に3段階目の使い方。これは交換直前の時の使い方です。まず、ハンディタイプで、1階、2階、3階それぞれのフロアの各部屋の窓、家具、家電品、置物、パソコン、テレビ、壁かけ時計、写真立て、机、イス、エアコン、電気スタンド、などなど目についた場所を片っ端から拭いてゆきます。

f:id:ma-vie:20181022235145j:plain

途中でクリーナーでホコリを吸います。その後、ロングタイプで各部屋の床と階段をモップで拭きます。途中、クリーナーでモップのホコリを吸い取り、絡めとったホコリとチリごみを吸います。

3階建てゆえ、モップとクリーナーを持って階段を上り下りするのは最大の難点です。

これぞ真骨頂!ダスキンモップ3段階目の使い方

そして、最後の最後は網戸、窓のサッシ、玄関の床、下駄箱の中、自転車、車のホイール、給湯器やエアコン室外機に至るまで、もう何でも拭いて!拭いて!そして交換!です。返す時は本当に真っ黒になってます。それって良いの?と思われるでしょうが、それで良いのです。ダスキンさんも“真っ黒になるまで使ってくださいね”と声高らかにおっしゃってます。

4週間真っ黒になるまで使い倒した、「おそうじベーシック3」の4週間レンタル料金は、1,890円(税抜き1,750円)です。1年間で22,680円。これを高いと見るか?安いと見るか?30日で割ってみると一日63円。

私のように3段階で使い倒している者にとってはお安い!と感じています。4週間無料お試しがあるので、興味のある方はぜひお勧めします。