ma-vie ログ

ここち良い暮らしを実現するため、断捨離・お掃除・お片付けガンバリます

換気扇のガンコな油汚れを落とすには、やっぱり粉石けんが最強です。

私は、家中の掃除にナチュラル洗剤を愛用しています。こちらが普段使っているナチュラル洗剤です。

重曹セスキ炭酸ソーダ・過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)・クエン酸です。

ここにもうひとつ、粉石けんが加わりますが、私はまだ使ったことがありません。

f:id:ma-vie:20181125220351j:plain

私は主に、弱アルカリ性セスキ炭酸ソーダと過炭酸ナトリウムを良く使います。

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすく、油汚れや手あかなどの酸性の汚れを良く落とすので、家中の掃除にとても便利なのです。

過炭酸ナトリウムは洗濯槽の黒カビ落としに便利です。

ナチュラル洗剤は、ダイソー・Seriaなどの100円ショップや、ドラッグストア、スーパーで手軽に購入できます。

これからの季節、年末の大掃除にも大活躍間違いなしです。

そして、今日は台所の換気扇の掃除をしようと思います。

ガンコな油汚れにはどのナチュラル洗剤を使うのが良いのでしょうか?

 

ナチュラル洗剤の特徴を良く知ることが大切です。

この表にまとめたとおり、油汚れ・皮脂汚れ手あか汚れなどの酸性の汚れは、弱アルカリ性の洗剤を使うと汚れが良く落ちます。

換気扇のようなガンコな油汚れ落としには粉石けんが一番合っています。

f:id:ma-vie:20181125215535j:plain

しかし、困ったことにウチには粉石けんが在りません。思い立ったらすぐに行動したい私です。

さて、どうしようか?と悩んだのですが、粉石けんが無いなら、セスキで油汚れが落ちるかどうか?

試してみたい衝動に駆られました。

果たして、セスキで換気扇のあのガンコな油汚れが落ちるのでしょうか?

応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

先に結果を発表してしまいます。

換気扇のガンコな油汚れは、セスキで「落とせます」。でも、やはりちょっと不満が残ります。

換気扇の汚れ落としの過程を紹介しながら、その不満とは何なのか、書いてみたいと思います。

今日はこちらの換気扇(レンジフード)の掃除をします。カバーをはずしてみると、見た目は思ったより汚れていません。

f:id:ma-vie:20181125224420j:plain

でも、近づけて写真をとってみると、カバーの隅のほうと、本体の端のほうに油汚れが付いているのが分かります。本体のほうは油が垂れて今にも落ちてきそうです。

f:id:ma-vie:20181125224453j:plain

換気扇本体のプロペラと油受けを取り外しました。写真ではすごく分かりにくいですが、油受けにはたっぷりと油が溜まっています。

f:id:ma-vie:20181125224524j:plain

油受けには米ぬかを振って油を吸着させることにします。

f:id:ma-vie:20181125224543j:plain

実はウチには米ぬかがたくさんあります。その理由は、宜しければこちらの記事もご覧ください。

www.koko-yoi.com少し時間を置いて、キッチンペーパーでぬぐってみると、ドロドロの油が取れました。

このまま新聞紙にくるめて捨てます。

f:id:ma-vie:20181125224709j:plain

次に、洗い桶に大きなビニール袋を被せます。ここに50℃程度のお湯を入れセスキ炭酸ソーダを溶かして、プロペラと油受けを浸します。

f:id:ma-vie:20181125224724j:plain

水10リットルに対し、セスキは10グラム(大さじ2杯)が適量ですが、私は多めに大さじ3杯入れました。袋をしばって、このまま1時間ほど置きます。

f:id:ma-vie:20181125224747j:plain

その間に、カバーをキレイにします。これはそれほど油が付着していないので、セスキスプレーを吹き付けてキッチンペーパーなどで拭き取ると油汚れはスルスルと取れました。

f:id:ma-vie:20181125224818j:plain

次に、換気扇の上です。ここは、油とホコリが交じり合った汚れが付着しています。

f:id:ma-vie:20181125224921j:plain

これもセスキスプレーで簡単に落とせました。内側も同様にキレイになりました。

f:id:ma-vie:20181125225158j:plain

つぎは、スイッチ部分です。ここにもセスキスプレーを吹き付けて、スイッチボタンの隙間は竹串でホジホジします。あとは拭き取るだけでキレイになりました。

f:id:ma-vie:20181125224846j:plain

 1時間以上経過したので、プロペラを入れた袋を開封します。

油汚れが溶けてお湯が茶色く変色しているのが分かります。

ここから、汚れを落としてゆきます。油汚れが乳化して白っぽくなっています。

f:id:ma-vie:20181125225231j:plain

歯ブラシでこすると、確かに油汚れが取れます。しかし、ここでちょっと不満が。

汚れの性質に合わせて選ばないと、失敗する。

私としては、セスキを溶かしたお湯に漬け置きすれば、油が溶けてあとはスルスルと汚れが落ちる、と言うイメージを持っていたのです。

でも、それは少し違いました。軽い油汚れはスルッと落ちますが、ガンコな汚れは緩みはしてもスルッとは落ちてくれないのです。

また、段々とお湯が冷めてくると油汚れが固まって再付着します。

そうならない様に歯ブラシでササッとこすり、お湯で洗い流す、を繰り返します。

また、歯ブラシが届かない隅っこのほうの汚れが取れないと言う問題も残りました。

歯ブラシでは届かない部分は竹串でホジホジします。だんだん汚れが取れてきました。

でも、この細かいところを全部ホジホジするのは結構大変です。

f:id:ma-vie:20181125225328j:plain

細かい作業を繰り返し、やっと換気扇のガンコな油汚れも一応きれいに落ちました。

f:id:ma-vie:20181125225422j:plain

でも、ツルンと落ちたわけではないです。ブラシの届きにくいところに少しづつ油汚れが残ってしまいました。

換気扇のような頑固な汚れには、やはり粉石けんが一番向いているようです。

次回の換気扇掃除は、たぶん3か月先?か半年先?になりますが、その時には粉石けんを使ってみようと思います

今回の作業で、ナチュラル洗剤は汚れの性質に合わせて使うのが一番、と言うことがよくわかりました。