ma-vie ログ

ここち良い暮らしを実現するため、断捨離・お掃除・お片付けガンバリます

12年間で溜めた不用品を断捨離し、起死回生を図ります。

10月から少しずつ家の中の断捨離を進めています。

片付けをするたび、家の中は不用品で溢れかえっていることを実感させられます。

この家に住み始めて12年。最初のころはスッキリしていたのに、いつの間にか物が増えていました。

心がザワついて来ました。こんなに物で溢れかえる前に、なんで行動できなかったんだろう。

自己嫌悪に陥り、気持ちがどんよりしてきました。

 

捨てるべきものを捨てることが出来ない自分

クローゼットや収納ボックスの中は、使えそうで使わない物がたくさん入っています。

使わないのならサッサと捨てれば良いのに、なぜだか捨てることが出来ない、捨てる勇気が出なかったのです。

私が捨てることに躊躇した理由は以下のとおり。

  • 今は使わないけど、いつか使うかも知れない。
  • 痩せたら着るかも知れない。
  • 捨ててしまったらあとで困るんじゃないか。後悔するぞ。
  • せっかく買ったのに。誰それさんから貰ったものなのに。
  • 高かったのに。
  • まだ使えるのに捨てるなんて勿体ない。

こんな理由で、必要のない物を目いっぱいに詰め込んでおきながら、「今使っている必要な物」の置き場所がない、と嘆いていたのです。

本末転倒とはこのことです。

これから徐々に断捨離して行くものを書き出してみました。

  • クローゼットの中の着ない服
  • サイズアウトした子ども服
  • 使わないバッグ
  • たくさんの本、雑誌
  • もう聴くことのないCD
  • もう観ることのないDVD
  • 使ってない雑貨
  • 故障した家電
  • 日本酒コレクションの空き瓶
  • 赤ちゃんの頃のオモチャ
  • 食器棚の中身
  • キッチン収納の中身
  • 下駄箱の中
  • リビングの机の引き出し
  • 納戸の中

ざっと書き出しただけでもこんなにある。頭がクラクラします。

応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

家の中が不用品で溢れかえったもうひとつの理由

それは、「片付けなんて面倒くさい」。分かっちゃいるけど、日々の暮らしに忙殺されてついつい億劫になって、その結果、物で溢れかえってしまったのです。

忙しい毎日で時間に追われながら生活してますが、それでも、のんびりネットサーフィンしたり「今日はまったりする日~」とか自分で設定して、お茶したり、お昼寝する時間は取れる。

だけど、面倒な片付けはしない。ササッとモップ掛けして、掃除機かけて、見えるところだけ何となく整理整頓できてりゃ良いでしょ。って感じで自己満足してました。

では何故、私が断捨離に踏み切ったのかと言うと、「自分の心の始末をつけたい」と思ったからです。

なんか仰々しい言い方ですが、リビングでいつも自分が座る場所から部屋中を見回してみると、家の中のチグハグさにだんだん気がついて来ました。

テーブル、ソファー、テレビ、収納ボックス・引き出しチェスト、ピアノ、子どものおもちゃ箱、その他いろんなところに、色とりどりの物が雑然と置かれています。

見ないふり出来てた時は良かったのだけど、気になりだしたら、もう無理

心がザワザワして、不安な気持ちにもなりました。

このまま年老いて、体の自由が利きなくなったら「あんた!どうすんの?」と。

私は思いついたら速攻で行動しないと嫌なタイプなのですが、さすがに片付けだけは、計画を立てて、段階を踏んでしっかり取り組んでみようと思いました。

f:id:ma-vie:20181113190924j:plain

無理な計画を立てて挫折したら、もう取り返しが付かないような気がします。

断捨離して家の中から不用品が無くなれば、自分の心の始末をつけ、どんよりした気持ちから起死回生できると確信しました。

すべてを終えるまでには時間がかかります。無理なく進めて行きます。