ma-vie ログ

ここち良い暮らしを実現するため、断捨離・お掃除・お片付けガンバリます

汚部屋の住人からの依頼で、オーブントースターを掃除しました。

今日はセスキスプレーを使って汚いオーブントースターを掃除しました。

夫の母親が3年ほど使っているものですが「動かない」と、言うので夫が見に行ったわけです。見てみると電源コードが抜けていただけで、普通に動きました。

でも、あまりの汚さに夫が私のところに持って来ました。「何とかしてくれ」と。

その汚いオーブントースターがこちらです。

f:id:ma-vie:20181123143804j:plain

夫の母は、元々掃除や片付けのできない人で、部屋の中は物で溢れかえっています。

いわゆるゴミ屋敷です。

 

 汚部屋の住人は、掃除をしてもらうことさえ嫌がる。

足の踏み場さえもないから、私たちが片付けようとしても絶対に拒否します。

あまりしつこく言うと、本気で怒りだします。

特に「他人の」私が片付けようとすると、自分でやるから放っといてくれ、やめてくれと泣きわめくものだから、もう手の付けようがないのです。

不用品がたまっているのはなく、そこにあるのは明らかな「ゴミ」の山。

だから、何とかしてゴミを捨てさせたいのですが、多分もう無理です。

実の子にさえ、見放された汚部屋

夫や夫の姉弟たちがどう思っているのか?聞いたこともないですが、もし母親が亡くなったら、あの部屋をどうするつもりなんだろうか。

近所に住んでいながら、全くの無関心。自分の親なのにね。

汚部屋にはそこかしこにホコリの山が出来てるし、窓際の結露も拭き取ることはないから、フローリングが腐って剥がれてる。

食事用のテーブルも物をこぼしたまま放置してるから、部分的にボロボロになってる。

ベッドの上にも物があふれ、一体どこで寝ているのか?と思うほどの荒れようです。

クローゼットには容量の何倍もの量の服やバッグ、雑貨類がぎっしりと詰め込まれています。

あれが全部体の上に崩れ落ちてきたら、埋もれて窒息しますね。きっと。

片付けられない人、掃除をしたくない人の心理は私には分かりません。

もう、死ぬまであの汚い部屋に住むのだと思います。

もう、それで良いと、他人の私は思っています。

何を言っても言うこと聞いてくれないのだから、「私はもう知らん!」です。

冷たいようですが。

応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

購入して初めてのお手入れです。なぜ私にさせるのよ(怒)。

オーブントースターは、購入してからもちろん一度も掃除をしていません。

夫の母には「掃除」とか「片付け」と言う概念が元々備わっていないので当然ですね。

まず、中の網とパンくず受けを取り外し、セスキスプレーを吹き付けておきます。

f:id:ma-vie:20181123144053j:plain

その間に本体の掃除です。扉のガラス部分にはパンくずがビッシリ張り付いています。

ここにもセスキスプレーを吹き付けて、固まったパンくずを浮き上がらせます。

次に、お好み焼き用の小手を使って(これは掃除専用にしている小手です。念のため。)こびりついたパンくずを削ります。

f:id:ma-vie:20181123144135j:plain

ガラス部分にもセスキをたっぷりと。ここはメラミンスポンジでこすると、スルスルと汚れが落ちます。

f:id:ma-vie:20181123144202j:plain

ハンドル部分はセスキで汚れを浮き上がらせたあと、竹串でこすると細かいゴミが出てきました。

f:id:ma-vie:20181123144233j:plain

パンくずの受け皿は、落ちたパンくずにバターなどの油分が付着し、さらに焦げてカチカチになっています。セスキで浮き上がらせて小手でガリガリやるとだいぶんコゲが取れてきました。

f:id:ma-vie:20181123144427j:plain

でも、これ以上やると穴が空きそうなのでこれでストップします。

網と受け皿を取り付けて、掃除は完了です。だいぶんきれいになりました。

f:id:ma-vie:20181123144504j:plain

でも、ここでひとつ注意が。

セスキは家中のあらゆる物に使えるナチュラル洗剤ですが、アルミ製品、白木、畳などに使うと変質や変色の恐れがあります。

このオーブントースターの内部もアルミ製です。

ですから、セスキのあとは必ず水ぶきをして、出来ればクエン酸スプレーを吹き付けて、アルカリ性のセスキを中和させると良いです。

見た目は、まあ、キレイになりました。

夫が母親の元にオーブントースターを持って行きました。

「いやぁ~、きれいにしてもろて!おおきに~!」だと。

もう、知らんわ。自分でしなさい!