ma-vie ログ

ここち良い暮らしを実現するため、断捨離・お掃除・お片付けガンバリます

3台の掃除機を使った私が一番使いやすかったのはこれ

私はこれまでそれぞれ別のメーカーの3台の掃除機を使ってきました。
それぞれにメリットとデメリットがあり、最終的に使っているのは1台のみとなりました。
これから掃除機の購入をお考えの方の参考になればと思い、使った掃除機の感想をご紹介します。

 

 皆さん、ご自宅ではどんな掃除機をお使いでしょうか?

私の周りではやはりがダントツ人気です。圧倒的な吸引力とコードレスの使いやすさ、それにどう見ても洗練されたデザインがカッコいい。価格はお高いけれど、お洒落なリビングの片隅になにげに置いておくにはピッタリなのでしょうか。

最近のトレンドは、小型・軽量・コードレス。もちろん吸引力の高さが注目されるのは当然のことです。
価格ドットコムのランキングをみてみると、やはり“ダイソン””マキタ”が上位を占めています。

f:id:ma-vie:20181025150429j:plain

どちらも小型でコードレス。吸引力も文句なし。でもここで気になるのが、“軽量”の部分です。
私が使っている
“マキタ充電式クリーナー(CL182FDRFW)”は重量約1.5㎏です。
対して“ダイソンV10FLUffy”は2.58㎏、この1キロの差は大きいです。

一番最初に使い始めたのはシャープのサイクロン式クリーナー

こちらは、シャープ独自のプラズマクラスターイオンによる空気浄化機能が搭載されているところに惹かれて購入したものです。

以前は紙パック式の掃除機を使っていたので、サイクロン式がカッコよく思えた、と言うのも選んだ理由の一つです。

f:id:ma-vie:20181025160806j:plain

 この掃除機を使ってみて良かったと思う点は、吸引力の高さ。カーペットに落ちた糸くずや髪の毛、フローリングの隙間の細かりチリごみもグングン吸い取ります。

しかし、購入の決め手となったプラズマクラスターイオンによる空気浄化機能」に関しては、最初のうちは効果を実感できた、と言うにとどめておきます。

こういうのはメーカーが提示する通り、使い終わったあとのお手入れとか、定期的な水洗いとかをきちっとしていないとダメです。

何年か使い続けているとやっぱり、掃除機特有の嫌な臭いが発生します。
また、この掃除機はコード式なので場所を変えるたびにコンセントの抜き差しが必要で、コードを踏んでしまったり、本体が大きめなので壁にガンガンぶつけたり。使うのがだんだん億劫になってきました。

また、うちのような3階建ての家では階段での持ち運びがとても煩わしかったです。
階段の掃除自体もやり難い。そんなこんなで購入から3年で使わなくなりました。
使わなくなりました、と言いながらずっと洗濯機の脇に放置したままです。もう処分します。

次に使ったのは、何を隠そう!ダイソンのクリーナー

これ、なんと!近所にできたあるお店のオープニング記念プレゼントで当選したものなのです。(実家にもっていったので、画像がなくてすみません)

買い物のついでに何となく応募したら見事当選しました。あの憧れのダイソンが当たった(タダでもらえる)なんて驚きと感動で感涙したものです。

手にしてすぐ充電し、わくわくドキドキしながらスイッチ・オンしたことを覚えています。
でも、あれっ!?スイッチ・オン!出来ない。へっ?何てことでしょう。
スイッチがオン出来ないです。

出来ないじゃなくて、ダイソンってスイッチをずっと押さえてなきゃいけないんです。トリガースイッチと言うらしいですが、要するに指でスイッチを押すとオン、離すとオフになります。

押し続けなきゃいけないので、指が疲れます。おまけに本体が重いったら。それに、充電にずいぶんと時間をかけても稼働するのはせいぜい15分。小さい家でも、15分じゃ家中の掃除は終わらないよ。

無駄に充電を使わないように急いで動かして掃除してましたが、とってもストレスを感じました。ってことで、このダイソンは実家の母に引き取ってもらいました。

母は自分の部屋専用として使っています。お菓子をこぼした時など、ちょこっと掃除するくらいなら稼働時間もあまり気にせず使えるようです。

応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

そのあとに購入したのが、価格ドットコムの人気ランキングにも登場している

“マキタ充電式クリーナー(CL182FDRFW)”です。
現在使っていますが、この掃除機の使い勝手はとにかく抜群に良いです。

f:id:ma-vie:20181025183647j:plain

白い本体が白いドアにうまく溶け込んでいます。
シンプルなデザインが逆にオシャレに見えてはきませんか?
ノズルを付け替えれば、ハンディクリーナーとしても使えるので便利です。

f:id:ma-vie:20181025183701j:plain

充電時間は約22分。稼働時間は、マキタの公式ホームページでは、HIGH(強)で20分。LOW(標準)で40分となっていますが、実感としてはもっと長い時間使えているような気がします。本体の重量は約1.5㎏ととても軽く、持ち運びも全く苦になりません。もちろん吸引力もばっちりです。

欠点と言えば、充電の時の音が大きめなこと、でもこれは離れた場所に置いてあるなら何の問題もありません。あとは、、、特に見当たりません。

そして、さすが総合電動工具メーカーのマキタならでは、と思ったのがこちら。

f:id:ma-vie:20181025153146j:plain

この充電式クリーナーのLi-ion18Vバッテリーがひとつあれば、マキタのあらゆる電動工具の使用が可能になるのです!(?)

f:id:ma-vie:20181025185430j:plain

まだ工具は持ってないけれど、例えばクローゼットの中に棚を作る、とか、新しく購入した家具を組み立てるって時に電動ドライバーがあれば良いな~なんて思ってます。
電動ドライバーは多分買わないけど。

と言うことで、一番使いやすかったのは“マキタの充電式クリーナー”という結論です。これから掃除機の購入を検討されている方、ダイソンもいいけど(もちろん他にも良いクリーナーは多々あり)マキタもぜひ購入リストの一つに入れてみてはいかがでしょうか。